ドッグフードの形状による分類

ドッグフードは形状によってドライタイプ、ウェットタイプ、半生タイプの3つに分類することができます。

 

ドライタイプは水分が10%以下のドッグフードです。

 

水分量が13%以上だとカビが生えることがあるので、水分量を12%以下に抑える必要があります。

 

カリカリしていることが特徴で、長期保管をすることができます。

 

カリカリと噛むので、歯垢をつきにくくする働きもあります。

 

ウェットタイプは水分75%程度のエサです。

 

パウチ容器、缶詰などがあり、殺菌処理されています。

 

匂いがするので犬の食欲がそそられやすいです。

 

未開封なら長期間保管できますが、開封後は劣化が早いです。

 

半生タイプは水分25?35%程度で、ドライタイプとウェットタイプの中間のようなものです。

 

ソフトドライとセミモイストがあります。

 

ソフトドライは加熱発泡処理されていて、しっとり感を保つために湿潤調整剤が加えられています。

 

セミモイストは発泡処理をしておらず、押し出し機などで製造されます。

 

しっとり感を保つために湿潤調整剤が使用されます。

 

半生タイプは水分を含んでいるので、開封後は劣化しやすいです。

 

どのタイプがいいかは犬の嗜好や年齢を考えて選んでください。

 

栄養面を考えるとドライタイプがよいです。

ドッグフードはお手軽で便利

 

愛犬の健康管理はオーナーにとってとても責任重大なことです。

 

もしも、健康管理がきちんとできていないといろいろな病気を引き起こしてしまうこともありえます。

 

ある栄養素を与えすぎたり、足りなすぎたりした場合、やはり愛犬にとっても好ましくないのですが、だからといって自分で必要な栄養素を調べて一から手作りをするというのはとても大変なことです。

 

そういった意味では、現在沢山の種類のドッグフードが出回っていて、どんな犬種にも対応した、また年齢や体質などにも考慮されたものがいろいろとあります。

 

ですから、安価で安心、栄養のこともしっかりと考えられた食事を愛犬に与えることができます。

 

以前は残り物のご飯をもらっていた犬も、いまや専用のものを食べることができるので幸福度も大きいことでしょう。

 

ドッグフードのメリットの一つとして、専用の食品でありながらも価格が低いということが挙げられます。

 

、また、量がたっぷり入ったものであれば長期間持つので毎日急いで購入しなくてもいいのです。

 

さらに、保存方法も手間がかからず、準備も袋や缶などを開けてお皿に乗せるだけなので、かなりお手軽です。

 

こういったメリットが沢山あるドッグフードですから、もしもまだ買ったことがないという方がいたらぜひ購入をお勧めします。