年齢によって適したドッグフードがあります

実際にドッグフードを購入している人なら既にお気づきだと思うのですが、ワンちゃんの年齢別に分かれている物なんですよね。

 

基本的には大体3パターンぐらいでしょうか。

 

子供時代、成年時代、お年寄り用みたいな感じです。

 

人間だってここまで細かく分類されていないような気がするのですが、メーカーの皆さんもよく研究してこの様なドッグフードを開発しているのでしょう。

 

しかし、どのような違いがあるのかよく分かっていない方もいるようです。

 

基本的な違いに関してですが、分かりやすいのはその食べ物の硬さです。

 

子供用とお年寄り用は柔らかめになっている事が多いですね。

 

更に消化吸収がしやすいというのも特徴だと言えるでしょう。

 

年を重ねると歯が脆くなって固いものが噛みづらくなるというのは人間も犬も同じなのです。

 

この様な細かい配慮をする事によって、いつまでも元気に沢山のドッグフードを食べることができるという訳なんです。

 

更に年齢以外に大型犬なのか小型犬なのかというのも重要なポイントです。

 

それによって粒状になっているエサの大きさ自体が異なるからです。

 

いくら年齢を気にしていても、この点を軽視すると意味がないですので注意する様にしてください。

ドッグフードの選び方と注意点

 

初めて犬を飼う際には、どんなドッグフードを与えたら良いのか迷いますよね。

 

大切な愛犬は家族同様ですから、その健康にも気を使いたくなります。

 

人間と同じ食事を与えると、犬には塩分が多いと言われています。

 

専門的な知識があれば、犬のために良いものを毎日手作りする方法も良いのでしょうが、手間を考えると続けにくいものです。

 

最初に美味しい人間の食事を摂ってしまうと、犬もドッグフードを食べなくなってしまう傾向がありますから、最初からしっかり選んで与えていくと良いでしょう。

 

ドッグフードを選ぶ際に注意したいのが、原材料です。

 

中には粗悪な原材料を使っている物もあるようです。

 

肉副産物などが含まれているものは避けた方が良いでしょう。

 

特に安いものなどは、そのラベルをしっかりチェックしましょう。

 

原材料で特に注意したいのが、防腐剤や酸化防止剤、合成保存料などが含まれているものです。

 

人間が避けるものは、犬の健康にも決して良くありませんので、そのような添加物が無いものを選びたいものです。

 

人間も食べられる無添加などのドッグフードであれば安心できますね。

 

最もシンプルにドッグフードを選ぶのであれば、犬種別に出ているドッグフードで選ぶのが無難です。

 

ひと言に犬と言っても、その大きさはかなり幅があります。

 

その犬の大きさに合ったカロリーを考え、その犬に合った栄養配分のものであれば安心です。

 

原材料のラベルもチェックして、選んであげてくださいね。